トップページ
ご挨拶
入会案内
支部規程
役員
電気・情報関連学会
リンク
イベント
事務局

講演会 「低炭素社会実現のためのクリーネネルギー技術の役割」

日時

平成21年6月30日(火)14:30〜16:00

場所 広島大学工学部103講義室 (〒739-8527 東広島市鏡山1-4-1)
講師

横山 隆一 先生 (早稲田大学 環境総合研究センター 環境・エネルギー研究科教授)

演題

「低炭素社会実現のためのクリーンエネルギー技術の役割」

概要

  近年,地球温暖化の原因といわれるCO2の削減が強く求められており, 電気事業分野においては,原子力発電の利用率向上と新設,発電等設備の高効率化, CCS(CO2回収・貯留),貯蔵技術(蓄電・蓄熱)ならびに新(再生可能エネルギー) の有効利用が,実用レベルに達している技術として期待されている。
  さらに,米国オバマ新大統領は,エネルギー政策プラン“New Energy For America” においてSmartGrid(スマートグリッド)に言及しており,グリーンニューディール 政策における目玉として,新電力ネットワークの構築により,再生可能エネルギー 大量導入やプラグインハイブリッド車の普及(2015年100万台)を目指している。 一方,欧州では,欧州委員会が2005年よりスマートグリッド推進のための Technology Platformを設立し,再生可能エネルギー大量導入をにらんで2020年以降の 次世代電力ネットワークの研究を行っている。これにより,欧州の送配電システムを 双方向サービスネットワークヘ移行し,電力ネットワークの効率性,安全性,信頼性を 向上すること,再生可能エネルギーの大量導入に向けた課題を解決すること,持続的で 競争力があり供給の安全性を確保できるエネルギーシステムを構築することを目指し, EU全体として戦略的に政策に取り組んでいる。
  このような背景の下に,ここでは,研究成果の報告も含め以下に事項に関する話題を 論ずる。
  ・電力市場の新たな課題と低炭素化対策への技術開発
  ・低炭素化対策における原子力発電の重要性
  ・低炭素化対策としての再生可能エネルギー利用の得失
  ・再生可能エネルギー有効活用のための次世代エネルギーシステム
  ・大容量電力貯蔵システムの電力系統安定運用への貢献
  ・低炭素社会実現のためのエネルギーの技術融合

参加料

無料

定員
事前申込 不要
問合せ先

広島大学 大学院工学研究科
複雑システム工学専攻複雑システム運用学
  餘利野 直l,造賀 芳文
Tel:082-424-7667(造賀直通)
Fax:082-424-3586
e-mail:zo@hiroshima-u.ac.jp(造賀)

主催 電気学会中国支部

共催

照明学会
電子情報通信学会
映像情報メディア学会
電気設備学会
計測自動制御学会
日本電気技術者協会 各中国支部
中国・四国工学教育協会 産業教育部会 

以 上