トップページ
ご挨拶
入会案内
支部規程
役員
電気・情報関連学会
リンク
イベント
事務局

講演会 Optimal Reactive Power Dispatch Considering Wind Power Variability        「風力発電の出力変動性を考慮した最適無効電力配分法」

日 時

平成2483() 14:0015:30

場 所 広島大学工学部105講義室(〒739-8527 東広島市鏡山1-4-1
講 師

Qassim University (Saudi Arabia), Associate Professor, El-Said El-Sayed El-Araby
※講演は英語で行われます。

概 要 This work deals with the optimal short-term scheduling of VAR devices considering the volatile nature of wind power generation. These devices are utilized to maintain the voltage security in the forecasted wind power output case and its associated possible scenarios representing the wind power forecast errors. The random reactive power consumption associated with the wind power variability is included in the formulation to demonstrate its impact on the power system voltage security. The problem is formulated as an optimization problem, where the objective function is to minimize the sum of the energy losses cost and operational cost of the reactive power devices. The consideration of the possible scenarios increases greatly the problem size. Therefore, Benders decomposition technique is employed to break down the intact problem into a master problem representing the hourly forecasted wind power and slave sub-problems relevant to possible volatility scenarios. The optimal VAR dispatch is obtained by iterating between the master problem and slave sub-problems.

「本講演では,風力発電の出力変動性を考慮した無効電力補償装置の最適短期運用をテーマとして取り上げる。無効電力補償装置は,電力システムの電圧安定性を確保するために用いられるが,本研究では,風力発電の予測誤差を考慮した機器の最適運用について探求する。この問題は,エネルギー損失コストと無効電力補償装置の運用コストの和を目的関数にとった最適化問題として定式化できる。しかし,風力発電の出力予測シナリオ数が多いため,大規模最適化問題になる可能性がある。本研究では,ベンダース分解法を用いて,問題を主問題と副問題に分解し,規模を縮小する。ここで,主問題では時間単位で予測される風力発電出力を,副問題では出力予測の変動シナリオを扱う。これより無効電力補償装置の最適短期運用は,上記の主問題と副問題を繰り返し行うベンダース分解法により決定できる。」
参加料

無料

事前の
参加申込

不要

主 催 電気学会中国支部
共 催 照明学会中国支部電子情報通信学会中国支部,映像情報メディア学会中国支部
情報処理学会中国支部,電気設備学会中国支部計測自動制御学会中国支部
日本電気技術者協会中国支部中国・四国工学教育協会産業教育部会
問合せ先 広島大学 大学院工学研究院 電気電子システム数理部門 電力・エネルギー工学佐々木 豊
Tel
082-424-7668Fax082-424-3586
e-mail
yusasaki@hiroshima-u.ac.jp